Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

sick and death / 病と死

f:id:miyuleilani:20160210064428j:image

My baby friend got sick and hospitalized in the nearby city, Gaoa, last week. No one knows what's wrong with her, well that's the major case for everybody. People get sick and if it's an adult they say it's malaria or because of "general tiredness" then in the worst case, they die. 

生まれた時から知ってる赤ちゃんが、病気になって先週から入院してる。原因不明、でもそれは大体の場合においてそう。原因は不明で、もし大人が病気になると、マラリアだ、じゃなければ「通常の疲労」だとか言って、最悪の場合、死ぬ。


Sickness and death are very close to people's lives. On one hand I wish medical development to arrive someday but on the other hand, I learn a lot from people's way of acceptance of death. No one gets surprised by the arrival of sickness or death, they cry hard then will continue on living. 

病気や死は人々の生活のとても近いところにある。医療の発展を願う一方で彼らの死に対する受け入れ方には学ぶ部分が多い。病気や死の到来によって驚く人などいない。たくさん泣いて、そして、生きる。


I find most of the nurses here almost as useless as myself. But we feel we have to do something for the poor sick baby then we ask for the consultation and treatment, then pray. I think they pray because it feels like there is nothing but to pray they can do. Since 15 years that my grandma, who taught me two phrases of a sutra, has passed, I prayed. Well I prayed just by saying the sutra as I don't know any other way of praying.

私はここのほとんどの看護師を私と同レベルに使えないと思っている。でも病気の赤ちゃんの為に何かしたいから診察と治療を仰いで、そして、祈る。彼らが祈るのは、ほかに出来ることがないと感じさせられるからなのかなと思ったりする。私にお経の一節を教えた祖母が亡くなって以来15年くらいぶりに、私も祈ってみた。他に祈り方を知らないから、とりあえずそのお経を唱えてきた。よく考えたらあれは死んだ人に唱えるもんだったはずなのだが、ばあちゃんが護ってくれるかもってことで、まあいいよね。


I felt the smallness of humans, or maybe just uselessness of myself. I don't think I will make a pray again for a real while, but really hope my little friend's recovery.

人間の小ささ、というと大げさっぽいが、自身の使えなさも感じた。だからどうとかいうことではなく、そして私はまたしばらく祈りを唱えたりはしないだろうけど、小さな友達の回復を願っている。