Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ゆいま/Yuima

ニューヨークで一番の財産は、ゆいまに逢った事。

渡米して次の年から2年間(多分)通ったBorough of Manhattan Community Collegeで

2回目のセメスターで取った、歌のクラス。ソプラノとかメゾとか決めるから、何でも

良いから唄ってって言われて、私は同級生のシンガー大畠奈菜子のシメールを勝手に唄

い、ゆいまもなんか有名な日本の曲を唄っていた。授業が終わって、誰の曲ですか?っ

て話しかけられて、あ、ニホンジンに話しかけられてしまった。と私は思っていた。

 

The most precious gift I have recieved in NYC was the encounterment with Yuima.

In the chorus class I took on my second semester at Borough of Manhattan Community

College, I met her. We had to sing a song one by one in class and we both sung in

Japanese. When the class was over, she came up to talk to me. I knew she was

a singer, or at least someone who studies singing. Her voice was a voice of a singer. 

 

f:id:miyuleilani:20111129014115j:plain

ゆいま/Yuima

 

私は彼女に会うまで、本気で笑ったり騒いだりすることを恐れていたと思う。

なんでだかはわからないけど、彼女は私を解放してくれて、救ってくれた気がする。

私は彼女の存在があって初めて、ニューヨークで生きているような感覚がある。

場所が変わっても、この確かな確信を彼女と培ったから、私はどこに行っても、素直に

笑って騒ぐ事ができると思う。

 

She was such a sunshine for me, who has opened up my hidden-self, to be able to fully

laugh. I was always afraid of being my own self, and of being in eacf moment. I'd never

know what happens in the futhre. But it is true that I am always feeling that

I will be fine,anywhere in the world, because she is already here, with me.  

 

f:id:miyuleilani:20131007052821j:plain

みゆとゆいま/ Miyu and Yuima