Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

diary of this morning

Mornings in the rainy season can get really chilly in Diebougou. Waking up from a dream that everything what I wanted was there makes me feel a bit lonely once back to the reality. 
Maybe it's that the fact I'm too me now. I've been me since long time and am ok with not being able to really share me, not having a person who'd be able to completely understand me, not being able to affirm my rightness just because I find many who think exact the same (because I don't). but now it's getting a bit extreme, maybe. Maybe I should really go back to ny at the end. To my place of internationalism. The place everyone is sick and crazy, and free. I don't want anyone categorizing me or telling the way should be regarding to whatever I seem belonging to. I want them to realize that I do not belong anywhere, I don't have to. I'm sick of hearing those categorizations regarding to the skin colors from both sides. It does feel safe maybe, to group them and say "see? That's why we are different. I don't need to understand you, I don't need to like you, because we ain't the same." don't they realize that there is no one who really is the same? I don't interfere with people, I don't care how ordinary or extraordinary you are so don't bother asking me whatever, to make sure that it's me who is the one insane, so you are safe.

I speak 4 languages. Because 3 are one of the major languages of the colonizations, are pretty useful in today's world. So I've experienced being in the cultures where I definitely don't seem belonging to, and have experienced being attached more to them than to the ones which seem my own. It's not just the feeling of liking them but more like finding my own self in them, my definite identities which seemed new, but the most true to me. But not to say that I belong there. I just feel the same sort of attachment for those places that are supposed to be my origin and for those not. The same can be said to every individual being I encounter in my life. Yes, I am happy to find out that someone I meet is from Colombia, but it isn't because I consider the nationality Colombian as something special, it's because she'd lived in the place where I love, and we have the loved place in common, and we share the language. Languages are like music instruments. You can still talk about the music without playing, but if both of you can play, you play, and feel something beyond the former communication, that feeling is like the culture in its language itself. 

Some would understand what I'm writing and others wouldn't. And that's absolutely okay. I feel like I keep saying the same thing for years. The feeling of "somewhat out of place" has grown to be an absolute truth in me. And I liked living in New York because many, in some way, belonged to one place of "not belonging anywhere." If you know already you don't belong anywhere, you'd never feel out of place because whatever the place doesn't have to exist since beginning.  


<日本語訳>
ディエブグの雨期の朝は寒い。思うがままの夢から覚めると少しさみしい。其れは自分が自分過ぎる事に起因するのかもしれない。随分と前から自分は自分でいるのだけれど、そしてその自分が他者に共感されたり理解されたり、または多数の共感の元に自分を肯定したりできなくとも、何ら問題はなかった。枠組みに入れと言われることに違和感を隠しきれなくなってきたのかもしれない。もしかしたら最後はやはりニューヨークへ帰るのか、とも思う。私にとっての「国際」の場所へ。その、皆が病気で異常で自由な場所へ。私は私が属しているであろうと思われるモノのために決めつけられたりあるべき姿を説かれたりしたくはない。私は何処にも属していないのだということに、属さなくて良いのだということに、気づいて欲しい。もう、本当にこの肌の色に基づいた両者共からのグループわけにはほとほとうんざりしている。カテゴリーに入れることで、あるいは安心が得られるかもしれない。「ほら、それが私たちが違う理由だよ。あなたを理解する必要なんてない、あなたを認める必要なんてない、だってそもそもが違うんだから。」この世に同じ人間など本当にいないということに、気付かないのだろうか。私は人の邪魔はしない。私は人がどれだけ普通で普通じゃないかに興味なんてない。だから、異常なのはこちらだと決めることで安心するために歩み寄った振りなどしなくて良いのです。

私は4つの言語を話す。そのうちの3つは植民地統治の言語のため、現代世界ではとても使える。私は私がどうみても属していないと想定されるであろう文化の中に生きたことがある。そしてむしろその中に強いつながりを、自身が属すると言われる場所よりよほど強く、感じたことがある。それはただ単に好きだとかそういった類のものではなくて、もっと、その中に自身を見つけ出したような、新しくて真実である自身の絶対的な自我を見つけ出したような。そこに属すると言っているわけではない。ただ、自身の元だといわれる場所とそうでない場所に等しく同じ次元で繋がりを感じうる、ということだ。同じことをひとりひとりの個人に対しても感じる。確かに、コロンビア出身の人に会うと嬉しくなる。しかしそれは別にコロンビアという国籍に特別を見出しているわけではなく、私の愛する場所で彼女も暮らしたということ、同じ愛する場所を、そして言語を共有しているということ、が私を嬉しくさせる。言語とは、楽器のようだ。演奏せずとも音楽の話をすることはできる。でも演奏できるならば、演奏し、そこには前者のコミュニケーションを超えるつながりをみると思う。その感覚は、言語そのものの中にある文化のようだと思う。

私の書いていることを理解する人もしない人もいるだろう。それで良い。同じことをもうずっと言い続けているような気がする。居心地の悪さ、は自身の中で真実に変わった。ニューヨークで暮らすのが好きだったその理由は、たくさんの人がある意味で同じところに属していた: 何処にも属さないというところに。もしすでにそこはだれの場所でもないのだと知っていれば、居心地の悪さなど感じない。そこは別にどんな場所であっても良いのだから。