Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

仕事(無償)みつけたかも!maybe I found my job! (Not payed)

JICAに紹介されたワークパートナーのカボレは週3回、学校で歴史を教えている。彼のクラスに行って、自分も先生がやりたいと思った。最近日本で英語を教えていて、とても好きな仕事だったから。ブルキナファソは教員免許いらないし。(てゆうか教員免許ってそもそもあるのかな。聞いてみよう。)

My work partner Kabore works as a history teacher three times a week. As I went to observe his class, what I came up with was the idea to teach English here in Burkina Faso. The past some months in Japan, I worked as an English instructor and loved it. As here, one doesn't need a teaching license, (or it doesn't exist? Maybe?) I can be a teacher in school.


カボレの家には近所の10代の男女が集っているんだけど、毎日いるセヴェリンはカボレの雇ったメイドさん。最初は、恥ずかしがってか話しかけてもあまり反応もなかったけど、今はもう結構仲良し。ベタベタ触ってくる感じ、好き。セヴェリンは15歳の中学2年生(年齢と学年の関係性はなかったりするが、彼女はピッタリね)で、最近英語を習い始めたと言ってノートを見せてきた。セヴェリンに英語の発音をちょっと教えた後、彼女の先生に手紙を書いた。アシスタントにしてもらえないか、と。

Some teens who live nearby gather in Kabore's house(because there is a TV) Cévéline, who is always here, is a maid who cook for him (and his brother, and me many times.)She said her English class has recently started. She is 15 years old. After correcting her English accent I wrote a letter to her teacher to ask if I can be his teaching assistant.

今日学校に行ったセヴェリンが手紙を渡してくれた。そしたら即、先生からメッセージが来て、その夜会った。来週学校に紹介してそのまま一緒に教えようと言ってくれた。彼は週1回だけクラスをもっていて、それがセヴェリンのクラス。それを手伝う約束をした。学校から許可がおりて、実現するといいな。

Cévéline went to her class today and passed the letter to him. The same day he messaged me and the same day we met. He said he'll introduce me to the school admin next week and we can hopefully start working together. 

起こした行動に対する反応、成果が早いことに驚いている。首都でもやりたかったこと(ジャンベ)はすぐに実現した。ここでやりたいと思ってることは、英語教師、カボレの職場のことを理解する(つまりはディエブグの人々の健康状態とそれに対する保健省のアプローチ)、デュラ語、やっぱジャンベ、とぅばぶー(デュラで白人の意、私も該当する)ではなくみゆーと呼ばれる、今んとこそんなもん。やりたいことがちゃんとあって実は安心している。やりたいことがないと、やることがないから、良くないもん。

Things keep moving on very fast. Soon after I make an action, something happens as a result.  Well, in Ouagadougou as well, I could find what I wanted to do (Djembe) and make it happen. 
Things I want to do here in Diebougou are: English Instructor, getting familiar with Kabore's work ( health situation of the communities and the work of Health-Sanitation District), language Jula, Djembe again, making people call me Miyu instead of Tubabu (means white in Jula, and I'm included.) that's it for now. To be honest, I am feeling relieved by being able to have things I feel I want to do. If I have nothing I want to do, that would mean I have nothing to do everyday. That'd be bad. 

ちなみに今日会った英語の先生の名前は、ダ・サンサン・ナタル。英語、結構うまかった。レゲエの歌手でジャーナリストだと言っていた。ニューヨーカーみたいだ。どこで英語を覚えたか聞いたら、ここ、ブルキナファソで、好きだから、覚えたって。素敵。

The name of this English teacher is Da Sansan Natal. He spoke pretty good. He says he is a reggae singer and journalist. Doing many things, he is like a newyorker, no? He says he liked English so he studied to speak it here in Burkina Faso. Awesome. 

f:id:miyuleilani:20141114235953j:plain