Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ホーム-ブルキナファソ/ Home -Burkina Faso-

ディエブグに戻って来て、仕事のパートナーのカボレに会って、ああ私、家に帰って来たって思った。

The moment I saw my work partner Kabore in Diebougou, I felt that I came back home. 

新しい環境で生きていくには、その環境が自分にとって新しくなくなればいい。そのために、家が必要。物理的な家ではなくて、心の家みたいな、英語で言うとhouseじゃなくてhome。

To adjust to a new environment, I simply make it no more new to me. So, I need my home. Not a physical house to live in but something like a home where one's heart can rest. 

それがなんかできてくると、もう大丈夫。居場所ができるのかな。ああ私、ここで暮らせるって思う。

Once I have it, I feel that I'm okay, I can live here. Maybe that's a feeling of finding one's place. 

こないだ4日間過ごしたってだけなのに、彼と彼の家と彼の家に集う人々は、私の家になっていた。

After 4 days being here with them the other week, Kabore, his house, and the people who gather here have already become my home. 

もうなんとなく、準備完了。早い。人を本質的に信用するようになったのか。もしくは、そんなことはどうでもいいと思えるくらいに大事なものが増えたのか。

So I feel I'm ready. It was fast. I thought it would take a lot longer.  Maybe I am more opened than before to accept anyone. Or maybe now I have so much things I love so that I'm looking out rather than looking into myself. 

毎日を生きて行くのに必要なのは、無駄に溢れるお金や食料ではなくて、たった数人の、もしかしたらひとりの、共に生きる家族だと思う。大事にされて、大事にして、ただそれだけをしているだけで、忙しく生きていける気がする。そういう相手が、場所が、ブルキナファソでも欲しいなって思ってた。

Things I need, to live, aren't too much money or food, which would be wasted but are a few , or just one, someone who I live my life with. I care them and they care me. Just by doing that, I think I can be satisfied with my everyday living. Since the moment I decided to move to Burkina Faso, I wished to find my home here.

遠慮はしない。わからないことをわかると言ったり、違うことを同じのふりしたり、そんなことは決してしない。私はどこにいても私だから。信念や哲学が互いに相容れないものであっても、ただそこにある体温だけで、相手を認め、大好きになったりすることを知っているから。だから、恐れは無い。

I don't fake myself. I don't say I know it when I don't. I don't act like I'm the same if I'm different. I'm just me, no matter where I am. 
No need to fake because I know already that even if our beliefs are totally different, just by feeling the souls, we can accept what we are, and we'd happen to love each other with no reasons. So, I have no fear. 

f:id:miyuleilani:20141113232914j:plain
A map of Diebougou by Kabore
カボレが描いたディエブグの地図