Deux ethnies /2つの民族/Sinhala and Tamil

f:id:miyuleilani:20161101001339j:image

Au Sri Lanka, 70% sont de l'ethnie Sinhala et on peut dire 20 à 25 % sont de l'ethnie Tamil. Jusqu'au 2009, il y avait la gère civile de Tamil contre Sinhala. J'entends que toujours jusqu'aujourd'hui la supériorité de Sinhala et différenciation entres les deux ethnies existe fortement dans le pays. Aujourd'hui j'ai eu la chance de visiter une famille qui est vraiment mélange des deux ethnies avec la grand mama Sinhala et grand papa Tamil. 

f:id:miyuleilani:20161101001435j:imagef:id:miyuleilani:20161101002728j:image 

スリランカは大体70%くらいがシンハラ族で20-25%くらいがタミル族だと聞きます。2009年まで続いたタミル族の起こしたシンハラ優生主義に対する内戦からも見えるように、今も民族間には壁があるように感じます。今日はシンハラとタミルのミックスの家族(しかも皆誇りを持ってそう言います)と時間を過ごしました。ブルキナファソで行ったお絵かき大会の交流校の1つの教頭先生のお家です。

f:id:miyuleilani:20161101001536j:imagef:id:miyuleilani:20161101002556j:image

In Sri Lanka, about 70% belong to the ethnic group Sinhala and about 20 to 25% to Tamil. The civil war ended in 2009 was started by Tamil group against Sinhala superiorness in the country. I think we can say that still the gap between two ethnic groups exist strongly. Today I had a chance to visit a family with grandma Sinhala and grandpa Tamil. Kids told me proudly that they belong to both. 

 f:id:miyuleilani:20161101001633j:imagef:id:miyuleilani:20161101001706j:imageMiyu in Tamil and in Shinhala 

 

Bon, moi, je ne comprends même pas une des leurs langues, je ne sais pas si je comprends la situation bien, mais je crois que marriage international ou entres des ethnies différentes peut diminuer des conflicts raciales et aider a créer les endroits sans gères.

 f:id:miyuleilani:20161101002357j:image

シンハラ語もタミル語もわからない私に多くは語れませんが国際結婚や違う民族間での結婚により子孫は2つに属します。そしてそれは、未来の抗争を減らす平和の使者となるのではないかと思うのです。

 f:id:miyuleilani:20161101002441j:imagef:id:miyuleilani:20161101002518j:image

Me, I don't even speak their languages, I don't know if I am being able to see what is here, but marriage between two different groups can contribute to decrease discriminated views in children's mind because they are both. And I believe it will help the world to be a comfortable place not only for the majority but for everyone.

f:id:miyuleilani:20161101002656j:image

one way ticket- 片道航空券

実は、数日前に飛行機の片道チケットを取った。成田(日本)12/4発→ワガドゥグ(ブルキナファソ)12/9着。

I've gotten my one way plane ticket couple days ago: Leaving Narita, Japan on 12/4- Arriving to Ouagadougou, Burkina on 12/9.

f:id:miyuleilani:20160907064222j:image

ブルキナファソまで行くのに5日かかるわけではなく、途中アディスアベバ(エチオピア)でちょっと遊んで行くのでこういう日程に。西アフリカにもうしばらく居ようとは既に決めていたけど、日本で契約してこっちに来る手もあるし、往復か片道か、何も決めてないんだから片道だろ(片道のが安い)という事で、19でニューヨークに行った時以来の、ノープランだけど何か覚悟を決めさせられる片道チケットの購入。それも別に本当は決めてないんだけど(何も決めたくない)、こっちで暮らすんだなあという覚悟をなんだか自分の中に見たような気がする。これぞ本当の海外生活。与えられた期限付きの生活では、やっぱこの地に足が着いてなかった気がする(私は)。

Of course it's not that it needs 5 days to get to Burkina from Japan but I'm stoping at AddisAbaba, Ethiopia for some days just to have some fun. I know I want to stay in west Africa for a while but haven't decided where or how. I could apply in Japan to be dispatched here, too. Whether to buy round trip or one way, at the end I said, gotta buy one way cause it's cheaper as nothing has been decided. When I moved to NY as well it was a one way ticket I bought. Buying it made me feel like I've made my mind up, that I'm staying here. And I feel it's the real life, at least for me, I feel life with a limit of 2 years, I wasn't well grounded or very independent. 

f:id:miyuleilani:20160907064442j:image

ディエブグの人々が、私が来年コーディネーターとして働く用の企画を勝手に立ち上げてたりしてて、私は近場の国の雇用形態の全然違う仕事にアプライしようとしてたりしてて、なんかそれを引き止められたりしてて、うーんどーしよーNGOでも作るか?とか思ったり、いや、ガーナの大学院でも行くか、とか思ったりしている今日この頃。

My people in Diebougou have prepared, without telling me, a new project of recycling for me to work on next year, while me thinking about applying a job in a country nearby, then now they tell me not to leave here next year because there is a work for me to do;)) then that whole thing could make me think about making a NGO here, but the next moment I'm thinking about doing a master in Ghana. Wmm.

f:id:miyuleilani:20160907065346j:image
どーしよーかなあ。
ここでみんなとこの街をブルキナファソ初のゴミのリサイクルモデル都市にするのも(まあリサイクルとか内容はほんとはあんま興味ないけど)面白いかもなあという気に今日はなっている。

Maybe it's interesting enough to stay here and make Diebougou to be the first city in Burkina where is known for recycling, though the subject itself doesn't really attract me (but that's what I've been doing the past two years;)) I don't know what's going to be happening, but a thing for sure is that my life is in the good flow. 

もっと楽になれそうな生活の中でキツキツにわざわざ生きる日本の人と、みためキツそうな生活の中でまあいいかって言って脱出口も探さずに愚痴りながら気楽に生きるブルキナファソの人

村に泊まりに行って、期待以上に学びが多かった。2週間前からディエブグでも友人宅に泊まり込んでいるが、生活を共にしてみて初めて知る当たり前のことが沢山ある。様々な水準の衛生観念、習慣、そこにある理由、それらを外から眺めただけで体感してもいないのに、衛生啓発を掲げた企画を進めてきた自分が恥ずかしい。これではろくな調査もせずにニーズを取り違えて被災地に余計なものを送って困らせるアホと変わらない。

f:id:miyuleilani:20160811102052j:image

別の大陸から来た外国人の私などは、体感しないとわからないことだらけだ。それとも足りないのは私の想像力か。いや、人間に想像力があったら、自殺も貧困もきっとずっと減る。今のブルキナファソの人たちは、お金持ちだってみんなほとんどの人が貧しさを知っている。だから私みたいなわけのわかっていない人に、自分の知ってる村の貧しさの話をする。自国の貧困を気にかけている。話してくれるから、私達もこうして見に行って、少し知れる。私の母が貧しさを知っているから当たり前に募金してたりするのと同じか。私は、知らない。これからの世代はきっともっと沢山の人が知らない。国の経済が崩壊する割と近いかもしれない未来まで。

f:id:miyuleilani:20160811102206j:image

食べるために働く、生きるために働く、割とほとんど自給自足。ブルキナファソは農家だらけだし。自然な生命サイクルと近くの仲間意識の中で貧しくも別に普通にあっけらかんと生きて死んでいくシンプルな彼らと共にあると、あらためて、日本は何かおかしいんじゃないかとどうしても思ってしまう。大事なものは何なのか、元々は何だったんだろうかと思ってしまう。 

f:id:miyuleilani:20160811102256j:image

貧しくて働いてでも貧しいのはキツイ。貧しくてでも働かなくて当然貧しくてってのも、同じように当人はキツイ。でもなんというか、キツイ理由も嬉しい理由もシンプルで、二重三重になってないから何かを見失って妙なことにはなってないんじゃないだろうか。そういう問題じゃないのかな。

f:id:miyuleilani:20160811102451j:image

なんかこう、ここの人といて、考える前にあきらめんなよと思うこと多いんだが、あきらめてるってより本質的にどっちでもいいとわかってるのかもとか思ったりする。何があってもどうなってもどうにかなるさ、生きててよかったね、っていう感覚、それは自身と境遇に対する受け入れで。どうにもならないことばかりの中でどうにかなって生きてきちゃうのって、その後必死で頑張ってみたりとかしなくなるかもしれないけどそれが逆に良いのかも。

f:id:miyuleilani:20160811102538j:image

日本で行き場がないと感じてる人も、まあいいか別に、てゆーかこれどうにもなんないわって本質的に気づいたら、もっとラクになるんじゃないのかなと。

f:id:miyuleilani:20160811102651j:image

貧困は確かにあるし、みんな確かに困ってる。人もたくさん死ぬし。でもやはり、シンプル。貧しい人たちに支援を!っていうその支援は確かにみんな求めてはいるが、なんかもらえるもんだと思ってしまっている。日本の人だってはい、10万円ってもらえるならほとんどみんなもらうだろうし、で、使っちゃって、またくれないかなって思う、そんな感じ。ブルキナファソは日本を必要としてないけど、日本はブルキナファソを必要としてるかも。

f:id:miyuleilani:20160811102801j:image

で、私自身は面倒な人間で、だからこうしてあーだこーだどうでもいいことを言葉にして理解した気になりたがるんだけども。

"Japan and China are parts of Europe, right?/ 日本も中国もヨーロッパだよね?"

Came to Navielegane, a village 15- 20km from my site to visit a school for unschooled youths to learn elementary materials. 6 months, $40 per year for 3 years. Some would even go take higher education after here. 
ダガラ族の村、ナビエルガン。知り合いのやっている、学校に行きそびれた青年のための初等教育施設は年に6ヶ月、値段は今の所約4000円。ここを終えてその先、中高等教育を受けに行く青年もいるのだとか。

f:id:miyuleilani:20160806104718j:image

Not only French, but also Science, Math, History and Geography they teach. After listening to me during the entire morning talking about Asia, and it's difference from Europe, he said the sentence above. After all, he hasn't understood the meaning of the word 'Asia,' though he teaches geography or history;)) Mistakenly estimating the level of education or amount of knowledge of a person, I often experience this sort of difficulty of not being able to tell what I want to tell. 
フランス語だけじゃなく、理科、地理、歴史、算数、を教えると言っていたその責任者が、私が散々アジアとヨーロッパの違いを話した後に、「日本も中国もヨーロッパだよね?」と言ってきた。よくよく話すと、アジアという単語の意味を理解していなかった。それでよく地理や歴史を教えられるなと思った。私が相手の基本知識量を図り違えて、話が通じてないことはよくある。

f:id:miyuleilani:20160806101122j:image

The fact that I'm still finding difficulty in myself accepting to be called 'white woman' actually shows me my own cognition of self as Asian, and my proud for being Asian
未だに「白人女性」と呼ばれることを許容出来ない私自身に、意外な程の、アジア人としての意識とプライドを見ている。

f:id:miyuleilani:20160806092425j:image

Being called 'Chinese' is something positive for me. I'd correct it sometimes, or completely ignore it if it was a call from a strenger passing by, but it's because I find it impolite to call someone by her nationality like this, so I ignore the call when it's 'Japanese' as well. I'd want to be called by name, and if it's someone who knows me, he knows what I want. The fact that there are people who can differentiate me from 'White' and guessing 'Chinese' is very positive because in my understanding, majority of Chinese, Japanese, Korean, Taiwaneese, those East Asians, are from the same racial roots. I might be Chinese, but I would not be White West European. So wrong.

f:id:miyuleilani:20160806101029j:image

でも、「中国人」と呼ばれることはポジティブなこと。訂正することもあるし、道端で他人にそう呼ばれたら無視はするが、それはそもそも国籍で人を呼ぶのが失礼に感じる為で、「日本人」と呼ばれても同様に無視する。私は名前で呼ばれたいし、私を知る人はそれを知っている。私を白人ではなく中国人と理解する人がいるのは嬉しいことだ。アジアが新たに認知され出しているのだ。私の理解の中では中国、日本、朝鮮、台灣といった東アジアの多数は人種的ルーツの歴史が近く、文化も近い。個人的には東アジアはもっと同族意識を強めて固まれたらいいのにと思っている。私は中国人かもしれないが、西ヨーロッパの白人にはなり得ない。あまりに間違ってる。

f:id:miyuleilani:20160806095213j:image

Then I wonder what do I want with all this. I'm small and incapable of so much things, so it can't be helped..
そんなことにこだわる意味は何なんだろうかとも思う。くだらなくてちっちゃいけど今の所そうなのだから仕様がない。 




sick and death / 病と死

f:id:miyuleilani:20160210064428j:image

My baby friend got sick and hospitalized in the nearby city, Gaoa, last week. No one knows what's wrong with her, well that's the major case for everybody. People get sick and if it's an adult they say it's malaria or because of "general tiredness" then in the worst case, they die. 

生まれた時から知ってる赤ちゃんが、病気になって先週から入院してる。原因不明、でもそれは大体の場合においてそう。原因は不明で、もし大人が病気になると、マラリアだ、じゃなければ「通常の疲労」だとか言って、最悪の場合、死ぬ。


Sickness and death are very close to people's lives. On one hand I wish medical development to arrive someday but on the other hand, I learn a lot from people's way of acceptance of death. No one gets surprised by the arrival of sickness or death, they cry hard then will continue on living. 

病気や死は人々の生活のとても近いところにある。医療の発展を願う一方で彼らの死に対する受け入れ方には学ぶ部分が多い。病気や死の到来によって驚く人などいない。たくさん泣いて、そして、生きる。


I find most of the nurses here almost as useless as myself. But we feel we have to do something for the poor sick baby then we ask for the consultation and treatment, then pray. I think they pray because it feels like there is nothing but to pray they can do. Since 15 years that my grandma, who taught me two phrases of a sutra, has passed, I prayed. Well I prayed just by saying the sutra as I don't know any other way of praying.

私はここのほとんどの看護師を私と同レベルに使えないと思っている。でも病気の赤ちゃんの為に何かしたいから診察と治療を仰いで、そして、祈る。彼らが祈るのは、ほかに出来ることがないと感じさせられるからなのかなと思ったりする。私にお経の一節を教えた祖母が亡くなって以来15年くらいぶりに、私も祈ってみた。他に祈り方を知らないから、とりあえずそのお経を唱えてきた。よく考えたらあれは死んだ人に唱えるもんだったはずなのだが、ばあちゃんが護ってくれるかもってことで、まあいいよね。


I felt the smallness of humans, or maybe just uselessness of myself. I don't think I will make a pray again for a real while, but really hope my little friend's recovery.

人間の小ささ、というと大げさっぽいが、自身の使えなさも感じた。だからどうとかいうことではなく、そして私はまたしばらく祈りを唱えたりはしないだろうけど、小さな友達の回復を願っている。


Ioloniolo and Dolo and Saptan/ ニョロニョロとドロとサブタン

Visited clinics in three villages. There is no doctor but 3 to 6 nurses (they give consultations) at each location.

無医村とかよく聞く言葉だけど、村の診療所には看護師が3〜6人くらいいるんだけど、医者はいない、普通に。

This guy in the photo with me is our driver who drives ambulance as well. As there is no doctor nor much medicine in the villages, when it comes to an urgent situation and if the ambulance is available, he comes from Diebougou to take patients to a bigger hospital. He was telling me a story of when he had to go get a woman, who was about to die from a snake bite, to a village very far in the middle of the night, a story of the woman's recovery, which he felt very proud of his job. The whole story and the fact how much he appreciates his job made me feel warm.

f:id:miyuleilani:20151209025754j:image
Saptan / サブタン

私の住んでるディエブグは村じゃなくて、街。今日は3つの村の診療所に行ってきた。看護師が診察とかする。なんかやばくなったら、遠いとこは一時間以上かけてディエブグから救急車が空いてれば迎えに来て、搬送されたりする。写真の彼は救急車の運転もする、保健省の運転手のワタラ。蛇に噛まれた死にそうな女性を夜中に迎えに行って、ギリギリ助かったんだと嬉しそうに言ってて、なんか良いなあと思った。

f:id:miyuleilani:20151209030052j:image
Ioloniolo / ニョロニョロ

Well of course it's better if there are doctors and meds. As I hear that there aren't serum stored if it's not a city then many die just because of that every year.

まあ、医者はいた方がいいし、薬もあったほうがいいんだけど。村に蛇の血清ないから、蛇に噛まれて死んじゃう人いっぱいいるらしいし。

f:id:miyuleilani:20151209030408j:image
Dolo/ ドロ

When I hear someone's story who is proud of his job, there are two types. Type A: feeling of proudness comes mainly from his socially succeeded status. Type B: without any of that sort, his mind is filled by the simple results or effects from his work. I feel that often in the talk of Type A, "numbers" are involved, and of Type B, "humans" are involved including this person himself. I myself I think is both, or maybe many are, there' aren't many people who are absolutely one sided but when one is being proud of himself, often one is strongly tilted to one side. But I like listening to Type B because it gives me comforts and the other makes me a bit tense.

自分の仕事に自信や愛情を持っている人の話を聞くとき、彼らには2種類のタイプがあると思う。A: 自信が社会的な目に見えるような成功から来ている部分が大きい。 B: そういったものは皆無だが、シンプルな結果や効果で心が満たされている。Aの話にはよく"数字"が出てきて、Bの話にはその人自身も含めて、よく"人間"が出てくる気がする。私自身はおそらくこの二つのどちらでも結構あるんだけど、というかおそらくほとんどの人はどちらも持ってるんだけど、自信を持っている時は片方に強く傾きやすいのかもしれない。でもBの方の話を聞いている方が好きというか、落ち着く。Aの話を聞いていると、少し緊張する。

**************************************************************

最近やっと、少しこの場所に慣れてきたような気がしてる。なんだかやっと、住んでるっていう感覚、生活してるっていう感覚になってきたというか。

I feel that very recently I'm finally getting used to this place. Finally I feel that I'm living here.

私はいわゆる田舎に住んだことがなかった。今が初めて。新しい刺激みたいなものを、ものすごく求めてしまうことがある。日常が固定化されて、毎日会うのが当然で、街の中が誰かは誰かの親戚みたいな関係ばかりの狭くて濃い縁の中に入れてもらって、私までいろんな誰かの親戚みたいになって。そういう感じは今まで経験したことがなかったと思う。

I've never lived in a "country side" before here. Sometimes I find myself strongly looking for some sort of new stimulus in this supposed to be ordinary life. Everyday is coming to be fixed and meeting the same loved people everyday with no doubts whether if it's okay to be this way. I'm becoming to be a part of this city where everyone is everyone's relatives, and certainly this lifestyle is very new for me.

そこに居る安定のなかで、とても健やかに幸せみたいな感傷に浸るかと思えば、なんだか物足りなくなって、旅に出たくなってしまったりする。結局全然落ち着きがない。

Living in those stable days, sometimes I'm just very positively calmly happy and comforted but then the next moment I am looking for something else and wanting to go on a trip. 

今までは、とても近い1、2人の相手がいて、安定したそれ以外の数人の仲間がいて、その他の大勢から日々一期一会に受け続ける刺激の中で考えたりしながら、めまぐるしく生活をする、そんな感じだったから。今みたいなのは初めてで、そもそも家族がいないと始まらないような感覚があるから、1年ちょっと経って、家族と呼んでくれる人が増えたから、私もやっと少し、ここの人間になれて、生活ができている気になれているのかもしれない。

Before here, there were 1 or 2 persons who were very near me, and some others who were like my buddies then I lived my each day in the rapid cycle of encounters with many many impressive others. Here, there is this feeling of "everyone is related to everyone", well often literally is, and after a year and some, maybe as now there are more people who call me their family, I'm finally coming to feel that I've got used to it and am living here.

でも、刺激を求めている自分に気づき、私は刺激になにを求めているのだろうと考えたりする。

But I realize that I'm wanting changes so I come to ponder what I'm wanting from that then.

f:id:miyuleilani:20151209031422j:image
Diebougou / ディエブグ





日記/ diary very personal


6時に起きて保健省でダラダラとみんなに挨拶しつつネットをし、ブリジットの家で昼食をとり、カボレの家で昼寝をし、空手のおじさんに挨拶をし、マロさんの店で白人と黒人についての議論をかわし、シェックとマルクスとハグをし、サミの店で茶を飲み、帰宅して身体を洗い洋服も洗ったら、もう18時で。 

Woke up at 6am then to the office, saying hi to everyone doing Internet until noon, to Brigite's to eat lunch, to Kabore's and fall asleep, to Mr. Karate's to say hi, to Malo's store ending up having a discussion on a topic of race, to No-Biel to give hugs to Chieck and Marcus, to Sami's to drink a cup of tea, then back home washing myself and clothes, then it's already passed 6pm.

ただ思う、こんなにも素直に、おかえりと全力で私を迎えてくれる場所がこの世界にあるのだろうか、と。アメリカの田舎でもそうだったが、ストレートで過剰な表現を私はとても好いている。なににしろ嘘だらけの世界だとしても、そこには必ず本当があり、だとしたら気持ち良い嘘をついたほうが健全でいられる気がする。気持ち良いエネルギーに上乗せをして、発信してみる。それを信じきれば、本当であったと言っていいのだろうし。

I just wonder sometimes, that if there are any other places in this world where people welcome me with so much energies being expressed. Similar feeling I had in a countryside in the states, but I like this way of expression of love towards people, the expression that is very direct and could seem exaggerated. This world could be just with full of lies but there always be the truths inside. Then I'd rather live in the world where is filled with positive lies. Maybe exaggerate one's tiny positive energy to the maximum, then let it be out. If I can believe it till the end, then I can say it all was just the truth, at least for me.

人々は私が日本人であるがゆえに価値を感じているのかもしれない。いや、勿論それだけでは全然ないけれど、それもある。でも、だから、何。一生変わらない。見た目や肌の色や、母国語や育ったその文化は、一生変わらない。だから、私が私であるという証ですらある。変わるものばかりで確信が持てない日々の中で、変えられないものは大切にすべきものと結びついているかもしれないんだ、と思う。

Maybe they like me because I'm Japanese, because I'm a foreigner. Of course that can't be the only reason but should be a part. But so what. That can't be changed. The way I look, my skin color, my native tone, or the culture I was raised in, will never change. Those things can even be the proof of myself for being myself. In these very changeable days that I don't know where to find sure things, I should keep those unchangeable myself because they could indicate me the path to look back when I get lost, to confirm myself.

人種の違いにより区別されることによる疎外感は未だに私に付きまとう。10代の頃、多数が価値を感じるであろうことを馬鹿らしいと一笑してしまう自身に、他者と同じでいられない自身に、劣等感さえ感じていたためだろうか、未だにお前は違うんだよと言われることを苦痛に感じることがある。でももっとキツイのは、私たちはみんな同じだから、それに価値を感じないお前は間違っていると感じさせられることで、それよりは最初から違うと諦めてもらったほうがやはり幾分楽なのだとも思う。

After a year, I still get annoyed by my own feelings of isolation regarding to people's tendency of making differences between myself and themselves for our skin color. Maybe it is because in my teens I was feeling inferior in comparison to others for not being able to find what they seemed to find important important. Maybe that's why I still don't like it when being told that I am different. But the hardest was when being told that I was wrong because there is a universal right and I didn't consider it so. Then maybe it's way easier to be given up at the first place for the reason that I'm different that I can't be helped. 

昔からそうなのだが、ほぼ毎日がまるで生まれたてみたいに、どうなるかわからない。パフォーマンスをする時や決められた仕事の時などは、無理やり何かわかったような風にして、そこでその瞬間最善で居られる為に自分の中身を作り込む事が出来るようになったから、かろうじて生活というものを送れているような気になっているのだけれど、そうでなければ毎度その時々の自身と向き合って、さあどうしたものかと考えるものだから、毎日がとても面倒くさくて、とても新鮮だ。

Everyday is very new as if I am just born when I wake up. I've been almost always like this since long time ago. When there is a performance to give or a fixed work to do, I kinda fake myself with force to make me exist in a spot where I can be the best of me for the time programmed. Because I've already learned how to prepare myself, I feel that I'm somehow managing to live a social life. But when there aren't those needs, I face to myself at each moment to ponder what the heck to do now, or now, or now, everyday is very tiresome and very new.

そういう面倒くさい自身に疲れることも多々あって、もう冬眠したいぜとすら思ったりもするのだけれど、それでもいいよと愛してくれるから、私も私を出来るだけ愛して、やはり毎日を全力で生きていくしかないなと思うのだ。

Often that tiresome me makes me tired and I feel like I just wanna hibernate but because you say it's okay you still love me in the all the way how I am, I try to love me as well as much as possible, and then I think that I can only live my very new today with my best. 

f:id:miyuleilani:20151007043042j:image