Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

30代/ my thirties

生きていると感動する瞬間がある。私はもしかしたらその回数が一般より多いのかもしれない。そう思うのは、何かを求めていて、どこかを探していて、誰かを必要としていることが多いから。足りてない、その状況のせいで私は割と必死になってしまって、でもそのおかげで、大事なものが見つかったりする。

There are those moments that we feel moved in life. I might have it more often than the average. I'm often wanting something, looking for somewhere, and needing somebody. That makes me be desperate but so, I'd end up finding what is important.

f:id:miyuleilani:20170318215845j:image

どんな人間でも、世界に1人くらいは、その人の事を愛して、もしその人が死んでしまったらとても打撃を受ける、そんな相手がいると私は思っている。もし相手がその人を愛する事に特別な理由など見つからなくて、その人がどうなったとしても結局愛し続けることしかできないのだとしたら、愛することが選択ではなく自然なのだとしたら、合わない相手や嫌いな相手を愛する事もあるという事で、ならもう誰ともいがみ合ったりしなくて良いかと思ったりする。

I believe that anyone would have at least one person in the world who loves him/her, someone who wouldn't be able to stand to his/her death. If that someone wouldn't be able to find the reason why to love him/her, if that someone cannot do anything but to continue on loving him/her no matter what happens to him/her, if it's not a choice to love someone but if it's just the nature, then we can even be loving someone we hate, and if that's the case, maybe I don't need to be an enemy of anyone anymore.

f:id:miyuleilani:20170319031857j:image

協力隊に行く事になってから、日本でも、ブルキナファソでも、いったい何人の人に出逢ったか。大事な相手が増えていく。そして、私を大事な相手にしてくれる人が増えていく。

Since I decided to change the location, from New York to Burkina Faso, I've met so many people. I gained more and more important people of mine. And I became the one for more and more people.

f:id:miyuleilani:20170319031915j:image

これから、9年ぶりに日本で生活を始める。成人してから一度も住んだことがなかった。まさか戻って来ることになるなんて、16の頃から、本当に全く思ったことが一度もなかった。人生、何が起きるかわからない。

I'm going to start living in japan now after 9 years of absence. When I reached the age that I'd be considered as adult, I was gone already. I left at the age of 19, but I've had already decided to do so when I was 16. Since then, since 12 years ago, not even once, I've never thought about living in japan again. We'd never know what can happen in life.

 f:id:miyuleilani:20170319095812j:image

これからの出逢いが、純粋に楽しみだ。またきっとあせったり、落ちたり、感動したりしていくんだと思う。30代はきっと20代よりも楽しい。

I'm sincerely excited about my life. I'd be going to be busy, be blue sometimes, and be moved as much. I think my thirties would be more exciting than twenties.

去る時

ついこないだブルキナで生きていくことを決めたばかりなのだけど、一旦日本に帰る事にした。やりたい事が出来たから。

It's been just two months since I've taken the decision to continue living in Burkina, and now I'm deciding to go back to japan as something I want to do there came up.

f:id:miyuleilani:20170310101752j:image

国際協力というよくわからない名前で呼ばれるその仕事に興味を持ったのは、なんだか忙しく必要不可欠な事に対して必死になって生きていくような毎日が送れると思ったから。なんかこう、イメージで言えば、紛争地域の医療キャンプのような、次々怪我人が運び込まれてくる中で、やるべきことをやり続けても追いつかない責務と、救えなくて救われもしない絶望みたいな、そういう中で生きていく感じ。実際今までそういう地域にも医療キャンプにも行ったことがないからメディアから得たただの想像に、カルカッタの精神病患者収容所で感じた絶対的な無力感が重なっての自分の勝手なイメージ。

The reason why I got interested in the work referred as an weird term "international cooperation" was because I dreamed of the days super busy in the everyday cycle of just trying to live. Something like in the medical camps in civil war where you'd never be able to save everyone no matter how much you try, where is filled with the mood of despair. I've never been in such an environment in reality, so it was just an image I've created influenced by the media, and also the feeing of my definite uselessness I experienced in a mental health institution in Kolkata would have helped to create the image.

f:id:miyuleilani:20170318215700j:image

東京でもニューヨークでも、自分にとって一番必要不可欠で切実に大事だったことは、アートだった。でもディエブグでは違ったのかも。なんか、必死になりきれなかった。だから、もうちょっと必死になって働けるように一旦日本に帰る事にした。理由はそれだけではないけど。日本にちゃんと住むのは9年ぶり。自分でも意外な決断だ。

The most essential thing for me has always been art in Tokyo or in New York. Now I feel it was a different case in Diébougou. I couldn't be desperate on doing art. I want to work in an environment where I have to try my best to the maximum, some works that i feel is super essential.

f:id:miyuleilani:20170310101931j:image

ニューヨークを去る時も、去る事は目的ではなくて、目的はブルキナファソに住む事で、それを実行した結果起きたのが、去る事だった。協力隊員の期間は2年間と決められていて、さあ時間ですよといった感じで、先に目的がない状態で、ブルキナファソを去る為に去る事が出来なくて、戻って来た。タイミングが自分にとって不自然だったから。今は自然だ。ものすごく突然決めたけど、目的は先にあって、それに伴うかたちでここを去る事になった。ここで暮らしていこうと本気で思ったから、ちょっと切羽詰まったから、大事なものが残って、気持ちよく決断できたのかもしれない。

When I left New York as well, leaving New York was not the purpose of the action, but it was living in Burkina Faso. I just ended up leaving there as a coincidence, but I didn't really intend to. Term of the mission as a volunteer had already been decided as two years since before the dispatch. I just couldn't leave here to leave. Being told to go back to japan because it's time, felt very unnatural to me, so I came back. Now it feels natural to me that I'm leaving because the purpose is there and the movement just just follows after. I seriously thought about continue on living here, and I think that's why I could have taken such a decision that'd cause my leave.

f:id:miyuleilani:20170310102003j:image

ただ、実際、かなり寂しい。昨日から皆に別れを言いにディエブグに来ているのだけれど、感傷的になるのもなられるのも面倒で、さっさと挨拶して行ってしまおうと思っている。しかしちゃんと挨拶をしようとするとひとりひとりの家で座って、水とかコーラ飲んで、30分とか3時間とか話をして、次の人のところへ行く。今日は朝8時から夜10時までそれを繰り返したのに、まだ終わっていない。出来れば明日で終わりにしたいのだが。込み上げて来てしまう時はもう仕方ないけど、それ以外は出来るだけクールに済ませたい。

Feeling of sorrow can't be avoided. I'm back in Diébougou since yesterday to say bye to everyone, but as I don't at all want to be emotional, i want to finish it quickly and go. It takes time though, to go see each person and get offered to have a seat, to drink, to eat, to talk, and then do the same at the next person's. I did it today since 8am to 10pm and not done yet. I'd like to finish it tomorrow and go. When it wells up, I can't do anything, but other than that, I'd like to stay cool at the maximum.

 f:id:miyuleilani:20170310102014j:image

ブルキナファソを好きだと思ったけど、ワガドゥグに2ヶ月住んでみて、今ディエブグに戻って来て、自分の好きな場所はブルキナファソというよりは、ディエブグなんだと知った。過剰に美化する気はないけれど、ここはどうしたって、落ち着く。

I thought I liked Burkina Faso. But coming back to Diébougou after two months of living in Ouagadougou, now I realize that it was Diébougou that I liked. I don't want to sound exaggerating but I know here makes me feel home maybe more than any other places in the world.

 

 

Lavage/ 洗濯/ Washing

J'ai grandie avec le machine a laver et si c'est pas Burkina, j'avais lavé avec les mains seulement en Inde ou je restais pour 2 semaines. Quand je suis venue ici, pour quelque mois, je n'étais pas sûr si mon manier de lavage était propre ou pas. Ca été quand une ami m'a aidé a laver, j'ai appris comme ca doit être, à l'âge de 26 ans...

f:id:miyuleilani:20170219075943j:image

手洗いの洗濯は、実はここに来るまではインドでちょこっとしかした事がなかった。最初の頃はずっと洗えてるのか自信がなかった。友達が一緒に洗ってくれて初めて、おお、こうやるのか、と学んだ。今もまああんまり上手くはないけども。

f:id:miyuleilani:20170219080010j:image

I grew up having a perfect washing machine at home. (and it was always my mom who'd have done the laundry) It was only in India that I experienced washing by hands, only for two weeks. So the first some months after I got to Burkina, I wasn't sure at all if my way of washing was really doing its job or not. When a friend of mine helped me washing, for the first time in my life I learned how to wash clothes, at the age of 26...

f:id:miyuleilani:20170219080028j:image

Jusqu'à ce mois, j'avais pensé que je ne connais rien parce que j'ai grandie au Japon. Maintenant avec la présence de Miyamoto, un homme japonais qui a 70 ans, j'ai appris finalement qu'il y a des japonais qui sait laver très bien, parce qu'il faisait ca avant que le machine est arrivé au Japon. J'ai fini par avoir honte d'avoir fier de moi de penser que j'ai pu apprendre bien laver parce que je suis venue en Afrique.

f:id:miyuleilani:20170219080051j:image

今月まで、自分は日本で育ったから何も知らないと思っていた。今、70歳のミヤモトさんという日本人の旅行者のおじいさんの存在があって、日本で育ってもちゃんと服を洗える人がいる事を知った。洗濯機なんてものが日本に登場する前には手で洗っていたんだという。言われてみれば、当たり前だ。アフリカに来て、洗濯をできるようになったことにちょっと自信と特別感さえ持っていた自分になんだか少し恥ずかしい気持ちになった。

f:id:miyuleilani:20170219080120j:image

Until this month, I was feeling that because I grew up in Japan, I don't know anything that everyone here would know. But with the presence of Miyamoto, a 70 years old man from Japan who is visiting me here, I got to know that there are Japanese who know how to wash clothes. He says they used to wash clothes by hands in Japan before the arrival of washing machine... and that makes total sense. I felt a bit ashamed of myself feeling proud for learning things like this in Africa, that feeling almost like I could have learned it well because I came to Africa;))

f:id:miyuleilani:20170219080737j:image

Quand j'avais expliqué a ma mama au Japon que la vie au Burkina est très agréable parce que les relations entre des hommes sont très proches, que tu n'est jamais seul a la maison mais il y a des voisins qu'on se salue chaque jour et on vit ensemble. Si je me couch dehors avec un tapis, les enfants à côté vont venir s'amuser avec moi. Ma mama m'a dite que elle connaît complètement comme ça est parce que quand elle a grandie au Japon, c'était toujours comme ça. Elle a dite aussi que elle voulait que ses parents restaient a la maison (les deux travaillaient parce qu'ils n'avaient pas de l'argent) et elle voulait avoir de l'argent pour payer des nouveaux vêtements. Dans ce temp aussi, je me suis rendu comte qu'elle connaît des choses principales de la vie, des choses que j'ai trouvé seulement au Burkina, sans venir a l'Afrique;))

f:id:miyuleilani:20170219080344j:image

いつだか日本の母にブルキナファソの生活がどんなに素敵か話したことがあった。ここでは隣人を知らないなんてことはありえなくて、人との距離が近い。例えばゴザを持って家の外で寝ていればその辺の子供達が即座に集まって来る。母は、知ってるよ、だって日本も昔そうだった、とさらっと言ってのけた。でも親は2人とも働いていてやっぱり寂しかったし、貧乏だったからやっぱり欲しいものもいっぱいあった、と。その時も、ああ、私がわざわざアフリカまで来て見つけた生活の大切なことは、この人はとっくに知っていたんだなと、思った。

f:id:miyuleilani:20170219080429j:image

When I explained to my mom in Japan how touching the life in Burkina is, that the relationship between people are very close that you'd never live without knowing your neighbors, that if you'd bring a mat to sleep outside, you'd always have those kids come from neighbors to play with you, that you'd be surrounded by many lovable people. Then she said that she knows all this because it was the same when she grew up. She was born poor and both of her parents had to work outside. She said that though many people were around her, she still wanted her parents to be around, and that she wanted more money to pay clothes. Then I realized that she had already known those essential things in life, those things I've found only here in Burkina, without coming to Africa.

f:id:miyuleilani:20170219080526j:image

De fois, j'ai trop peur pour ou le Japon, ou les pays développés sont entrant d'aller. Avec de la chose qu'on appel "le development," la vie s'est devenue très matérialisée jusque on ne peut plus connaître comme ça était avant. Comme ça, on peut ouvrier facilement qui nous somme.

f:id:miyuleilani:20170219080642j:image

日本語で言うところの先進国や、日本、西ヨーロッパの影響を受けて「発展」した国たちが現在向かう先に、恐怖をおぼえる事がある。物質化した世界と社会は、もう今ではそれが元々どうだったのかわからなくなるほどに形を変えた。少なくとも、私が育ったのはそのわけがわからなくなった場所でだと感じる。そうなると、もう、私達が何者なのかさえわからなくなってしまうかもしれない。

f:id:miyuleilani:20170219080300j:image

Sometimes I am scared of the direction that Japan, or so-called developed countries are going to go to. The world or the society, which have been very materialized have "developed" up to where we can no longer know how it was before. Growing up and living in such environment might make us fool and we could no longer know who we are.

f:id:miyuleilani:20170219081007j:image

J'ai grandie avec le sentiment que la vie n'est pas réal, qu'il y a des grands choses qui sont bizarre dans la réalité ou j'habitais. Mais je ne savais pas que ce qui n'allait pas. C'était sur la scène des théâtres seulement que je touchais la réalité. Maintenant je comprends bien que ce qui manquait était de la nature (pas seulement la forêt mais la vie dans le cycle de la vie naturelle), je dirais que ma vie naturel n'était plus naturel. Aujourd'hui je la cherche toujours pour compenser ce qui manquait dans ma vie.

f:id:miyuleilani:20170219081139j:image

私は、世界がリアルに感じられないまま、大人になった気がする。舞台の上での強烈なリアル以外は、偽物のように感じていたと思う。何かが変だったのか、足りなかったのか、とにかく嘘ものだと思っていた。今、足りなかったのは自然(森林という意味ではなく、自然の循環の中での生という意味の)だったのだと思う。今日も、ブルキナファソにいるのは、欠落していたものを探して埋め合わせようとしている為だと思う。

f:id:miyuleilani:20170219081203j:image

I grew up without feeling real. It was only on stage in theater that I felt strong real. In the life that people call reality, I've always felt something fake and unreal. Now I feel very much that what has been lacking is the nature (I'm not talking about forests, but the life in the cycle of nature.) And the reason why I'm here in Burkina today is probably that I'm still searching for what was missing, to make up the definite lack in myself.

 f:id:miyuleilani:20170219083810j:image

Ca fait lonetemp que je pense a ce thème, mais je ne sais toujours pas trop qoui a dire. Pardons pour un blog qui n'est pas clear.

このテーマについては前から考えているけど、まあ、まとまらない。まとまらなく終わるブログを公開して申し訳ない。

I've been thinking about this theme since I don't know when and I still can't summarize my thoughts. Excuse me for posting such a blog that ends without clearness.

 

 

企画実行の自然な方法/natural way for a project to be made and done

ソフィア リモルデの5日間の演劇ワークショップが終わった。みんな本当に、集中の入れ方を学んだと思う。ずっとずっとここのパフォーマーに伝えたかったことが、やっと少し伝えられた気がした。正直、驚いた。スズキメソッドをやってる時の彼らの集中はすごく強くて鋭かった。

5 days theater workshop led by Sophia Remolde just finished. I felt that the participants really have learned how to contrôle their concentration. Maybe finally they came to understand something that I've always wanted to tell them. Their focus during Suzuki Method Training was very strong and that surprised me.

f:id:miyuleilani:20170117060824j:image

 

マックスは初の通訳(英仏)を本当に一生懸命やってくれた。私もマックスの通訳の補佐をしながら、学びがあったし、自分の通訳者としてのこだわりを改めて認識した。一時しのぎじゃなくて本格的に仏語の通訳をやっていけるようになる必要があるなと、感じた。

Max tried very hard on his first time interprétation job (English- French). I discovered my own habits and preferences as an interpreter while assisting him. I felt the need for the future for myself to become a better interpreter in French.

f:id:miyuleilani:20170117060937j:image

 

色んな意味で、それぞれにとってかなりの挑戦だったからこそ、すごく良い瞬間も多かった。正直こっち来てからずっと忙しかったし、大変すぎるし、やらないという選択肢もあったけど、やって良かった。本当に面白いものをここで作れるかもしれないと思わされた。

It was very challenging for everyone so that we could come to share some really great moments as well. I was so busy since I came back, and as nothing is obligated, we could have said no to doing the workshop, but I'm very glad we did it. This made me feel that we might be able to create something really interesting here.

f:id:miyuleilani:20170117061025j:image

 

ソフィに感謝。1人の人間が出来ることは本当に多い、というか無限にある。面白いことをシェアしにみんなにここに来て欲しい。予定通りにはいかないから、よく奇跡が起きる。だから、結構心の底から嬉しいトキがあったりする。そしてブルキナファソの仲間たちはどこかすごくあっさりとしていて、感動とかしてもそれをあえて過剰に引きずらないところも好き。

I thank Sophia. One person has infinity of things can do. I'd like to have many of you come here to share what you find interesting. Here, you cannot do as you've planned, but so, miracles often happen. And there are those moments that I feel happy from the core of my body.

f:id:miyuleilani:20170117061141j:image

 

ソフィとの出逢いは8年前にニューヨークで人形劇(人形はあんまり出てこなかったけど)のプロダクションで共演したのがはじめ。お互い人形劇は初心者で、演劇出身で、彼女が1/4韓国人1/4日本人だという(当時は1/2韓国人だと思っていたが)アジア系なことも共通点だった。その後私が舞踏をやっていたダンススタジオCAVEで再会し、どういうわけか共通の知人が多くて、ブルキナファソに来る前に日本にいた時は何故か彼女も日本にいて、しょっちゅう一緒にいた。私がブルキナファソに住み始めてから彼女は世界を転々として、なんだか当たり前に今回来てくれた。金もないのに。

I met Sophia 8 years ago in a puppetry production in New York. Both of us were beginner puppeteers, both had the same background: theater, and both are related to Asia. Then later we found each other again at the Butoh dance studio CAVE, and by then, had so many friends here and there in common. Again in 2014, right before moving to Burkina, I stayed in Japan for 10months and Sophia was somehow there as well. Since I started living in Burkina, she has been moving a lot in the world. Then this time, as if it's natural, she came to join.

f:id:miyuleilani:20170117061500j:image

 

ついてすぐのミーティングで無茶振りのように演劇ワークショップが出来るかと聞いたら、出来るといい、やってくれた。そこで色々あって、まあ全く彼女のせいではない理由でやりたいように出来なくて、でも少しは伝えられて、まだ続けたいと彼女も役者も互いに思い、第二段となったのがこの5日間だった。

At the meeting on the next day of her arrival I asked her if possible to do a theater workshop, then she said yes. During a week of NyamaNyama festival, there were so much difficulties we've encountered (nothing her fault) then we couldn't finish it as we wanted. Then, she was asked to continue the workshop, so those 5 days happened.

f:id:miyuleilani:20170117061638j:image

 

なんというか、起きたことがとても自然な、いい流れだった。

The way how it happened was very natural and it happened with a good flow.

f:id:miyuleilani:20170117061744j:image

 

1人の人間が出来ることの可能性について考える。やはりその1人の人間がその地にしっかりと足をつけて存在して、個人としての存在をベースにした他者や土地との交流の果てに何かを想い、行動に移すという、下から上への当たり前の道筋があるからではないか。個人としての存在をベースとした交流もなく、組織だとか全然別の地で得た強い偏見などに基づいての企画実行は、上から下に向いていて、やはり不自然だ。

Thinking about the possibility that one person has. It was good this time because she was being there very grounded and through the exchange with others and the land based on her individual existence here, she's got to build the relationship and the project naturally started out of everyone's feeling. Very natural. The project developed without the exchange based on individual existence as a one, is weird. Or sometimes it's just based on rules or system of whatever the organization or based on strong biases developed somewhere else. The project without heart, is weird.

f:id:miyuleilani:20170117061848j:image

 

それをなぜ私が好かないかというのは、不自然だからだとしか言いようがない。不自然が重なってその果てに、おかしなことに世界がなっている気がしていて、それにブルキナファソをあまり巻き込んで欲しくない。ここはまだ侵されきっていなくて、だからここに希望があると思うから。

The reason why I don't like that, well I can just say because it's weirdly unnatural. I think now the world is becoming incurable because of so many unnaturalness pulled up to the point we don't even see the bottom or the origin. I feel that Burkina hasn't yet been invaded much and that's why I see the hope for the world here. I don't want those weird unnaturalness to catch Burkina.

f:id:miyuleilani:20170117061925p:image

 

ソフィとの企画実行は、自然で、単純に沢山の個人の感覚に基づいていて、良かった。こういう交流を勧めていきたい。

Planing and doing project with Sophia had happened in the natural flow. It was good. And I'd like to keep working on searching for supporting this kind of connection between here and the rest of the world.

f:id:miyuleilani:20170117062017j:image

 

 

new home / 新居

Can't believe it's been only two years since the day that the first garbage art object was made.

最初のゴミオブジェができた日からまだ2年しか経ってないらしい。

f:id:miyuleilani:20170106072100j:image

First object in Dec 2014/ 2014年12月末、最初のゴミオブジェ

 

It feels much time has passed as considering my own integration to this place since then.

あの日と今日とでは自身のこの土地との一体感の深まりの度合いが違い過ぎて、もっとずっと経ったような気になる。

f:id:miyuleilani:20170106073217j:image

NyamaNyama 2016 Openig/ 2度目のニャマニャマ芸術祭のオープニング

 

I remember very much the day that I was feeling just so good being here, some feeling I'd never had in my life. That time I saw some slight possibility of coming back to live in Africa after my voluntary mission of two years. My plan was to go to live in Korea after Burkina. It hasn't changed till now, but I guess my time in Burkina hasn't come to the end yet.

よく覚えている日がある。なんだか初めての感覚に包まれて、すごく満足していて、おそらくこの土地で感じる生の強さのためだったか。その時初めて、協力隊の2年を終えてまたアフリカ大陸に戻るかもしれないと少し思った。ブルキナファソの後は韓国に住む予定だったし、それは今も変わってない。でも私のブルキナファソの時間はまだまだ終わってないらしい。

f:id:miyuleilani:20170106073922j:image

Mom's village/ ブリジットママの村

 

I'll try to make what I want to do happen.

やりたいことが実現されるようにやってみる。

f:id:miyuleilani:20170106074335j:image

Traditional music & medicines/ 伝統音楽と薬

 

A bit scary of course, feeling like the first day of a long semester, that I will be in a total new environment again, that I'd have to acknowledge my being in a new community and search to arrive to the point where there is comfort.

やはりちょっとこわさもある。新学期を向かえるように。全く新しい環境に入るように。そこでまた自分の存在を理解して、心地の良いところまで持って行かなければならないから。

f:id:miyuleilani:20170106075301j:image

NyamaNyama object 2016/ 2016年の作品

 

But I am sure that I will find, it wouldn't be as uncertain as the first time in Diébougou because it'll still be the same Burkina, which is the country that embraced me strongly.

でも大丈夫なのはわかってる。ディエブグに初めて来た時のように不確かではない。私をぐっと抱擁してくれたブルキナファソを私はもう信頼してるから。

f:id:miyuleilani:20170106075702j:image

Women from villages/ 村から来た女性達

 

I'm moving to Ouagadougou, the capital and will make my project NyamaNyama an NGO or an enterprise.

首都のワガドゥグに引っ越して、ニャマニャマをNGO、もしくは会社にして活動します。

f:id:miyuleilani:20170106080138j:image

International Art Festival NyamaNyama 2016

 

 

Sri Lanka

f:id:miyuleilani:20161101213849j:image

ラーガラは寒かった

スリランカに行こうと思ったきっかけは、今年やったお絵かきコンクールだった。ブルキナファソで協力隊員をしていた私とスリランカで協力隊員をしていた高田ナオコが繋がって、今たったひとりでブルキナファソで協力隊員をしている市川ヨーコが加わって、ニャマニャマチームから絵描きのワタラ・アミドゥが加わって、実現した。ブルキナファソとスリランカそれぞれで、ゴミをテーマにしたお絵かき大会を実施し、優秀作品を互いに送り合い、優秀作品作成者のための景品も互いの国から送り合い、展覧会をして、すごく短かったけど生徒たち同士のスカイプ交流もした。
(http://www.jica.go.jp/burkinafaso/office/information/event/160519.html)

f:id:miyuleilani:20161101214009j:image

Sri Lanka

It was in April that Burkina Faso's Diébougou and Dapelogo and Sri Lanka's Ragala got connected through drawing contest presented by NyamaNyama (my project) and it made myself as well wanna come to Sri Lanka. Info for the drawing contest in April:
http://www.jica.go.jp/burkinafaso/english/office/topics/160413.html

f:id:miyuleilani:20161101214052j:image

Burkina Faso

3日間のアーユルヴェーダ体験を終えて先に日本へ帰った従姉妹に別れを告げて向かったのは協力隊員同期のナオコが2年住んだラーガラ村。私がブルキナファソのディエブグで、他の場所とつながりを作りたいと言った時一番はじめに連絡をくれたのが高田ナオコだった。先述したお絵かき大会は彼女とともに作った特別なつながりだった。

f:id:miyuleilani:20161101214222j:image

After 3 days introduction to Ayurveda (Sri Lankan traditional medical therapy) I headed to Ragala village where my friend Naoko Takada, ex volunteer of JICA like me has lived. While I lived in Burkina she lived here for two years. When I started to say that I want to make connections between my Diébougou and other places in the world, she was the first person who contacted me saying she is in it. The drawing contest was where we ended up in the journey of the search for a connection between two sites.

f:id:miyuleilani:20161101214347j:image

お絵かき大会の交流対象校(絵を交換しあって展覧会した)のひとつだったRagala Krishnan 小学校の教頭先生であるシャンタマラさんの家に泊まりに行く予定だったんだけど、行くその日にシャンタマラさんのシスターが亡くなった。3ヶ月前から肝臓を悪くしていたらしい。シャンタマラさんはそんな非常事態に私のことをすごく気にかけてくれて、今日は泊めてあげられない、本当にごめんねと何度も謝ってくれた。でも明日からは大丈夫!!と言うけれど私も遠慮して、交流校とは関係ないけどナオコのホストファミリーの家に行くことにしたんだ。急に聞いたのに快く受け入れてくれた。シャンタマラさんのお家はお葬式の後に1日訪ねたんだけど、この先のブログがその時のもの: http://miyuleilani.hatenadiary.com/entry/2016/11/01/002753

f:id:miyuleilani:20161101214624j:image

人が亡くなると家中のペンキを塗り替えるのだそう/after funeral they reprint the house (tradition)

Ms. Shantamala is the vice principal of Ragala Krishnan elementary school, one of the targeted schools of our project. As purpose of my visit here was to meet those people who were involved in the project in person, I was going to stay at her house. But in the morning on 28th October, the day I was going to go visit her, her dear sister passed away so I suddenly changed my destination to Naoko's host family's. Ms.Shantamala at this emergent moment had worried and cared about me a lot and she even said tomorrow (supposed to be the big funeral day) i can come stay;) but I decided not to, and I made one day visit after funeral.
This earlier blog post is about visiting her: http://miyuleilani.hatenadiary.com/entry/2016/11/01/002753

f:id:miyuleilani:20161101214832j:imagef:id:miyuleilani:20161101215158j:image

ラーガラの写真はナオコに送られて見ていたし、なんて言ったってブルキナファソの子供達にスリランカを紹介する立場だったんだから少しは勉強したし、福岡でナオコとスリランカ料理屋行ってシンハラ語も聞いたし(関係ないか)、ブルキナファソに2年も住んだんだからアジアで息抜きぐらいに思っていた。いやー、行ってみて初めて感じる事だらけだった。やっぱり私は想像力が乏しいんだと思う。実際に来てみないと、会ってみないと、物語の中みたいにその場所も人も自分の中に実在しない。考えはするけど結局シリアの戦争がリアルに感じれないのと一緒かな。

f:id:miyuleilani:20161101214907j:imagef:id:miyuleilani:20161101215104j:image

I've already seen many photos of Ragala or Sri Lanka as being introduced by Naoko, I was the one who had to introduce Sri Lanka to Burkina kids so I've done researches myself as well, well I've lived in Africa for two years so I kind of was thinking a country in Asia wouldn't be able to surprise me anymore. I was wrong. I guess I really lack a sense of imaginability that I can never really feel to believe that the place or the people exist in this reality without myself being in the place or being with the people. Maybe in the same way that even I think about it I cannot feel the war in Syria real.

f:id:miyuleilani:20161101214941j:imagef:id:miyuleilani:20161101215007j:image

みんなが旅をした方がいいとは思っていない。私の親友は旅をしない人だし、それがなんだと思ったことはない。それに、みんなできるわけじゃない。ディエブグでスリランカとの交流プロジェクトに関わってくれたみんなには、ひとりで来て本当ごめんねって思っている。でも私は、こういうのが本当に好きなんだなあって実感してる。スリランカ滞在時間10日間なんてのは本当に間違えた。私は観光に興味がない。文化に興味がある。シンハラ語もタミル語も10日間じゃ全然話せるようにならない時点で短すぎた。人の中に入って行ってそこの常識に触れて、ああ、こういうのもありだよねってとこで生きるのが今のところは楽しい。

f:id:miyuleilani:20161101215443j:imagef:id:miyuleilani:20161101215503j:image

I don't believe that everyone should travel. My best friend from high school is someone who doesn't travel and that has never been a problem between us. And it's not everyone who can travel. I'm really sorry to my Diébougou people who were in this exchange project with me that I'm traveling here without them alone. I know some of them really wanted to come. But at the same time I'm coming to realize that how much I like this. I like so much to be in the culture, to acknowledge their common sense and follow it, and feel wow this isn't bad either, that life can be whatever the way you like.

f:id:miyuleilani:20161101215641j:imagef:id:miyuleilani:20161101215610j:image

誰かの家の仏教のお祈りに参加したら最後にもらった御利益のある紐/after praying ceremony of Buddhism in a house which I don't know whose;) I got this lucky string wrapped on my wrist.

ナオコのホストファミリーや同僚や友人と触れ合って、彼女がどれだけしっかりとこの場所に存在していたかがよくわかった。それで勝手に何度も感動した。お前は誰だ?と聞いてくる(もしくはそういう顔で見てくる)人々に、ナオコの友達だよ、と言うだけでみんな近くに来てくれる。彼女のおかげで、短時間でみんなの中にすっと入れてると思う。

f:id:miyuleilani:20161101220123j:imagef:id:miyuleilani:20161101220212j:image

Spending time with Naoko's host family, coworkers, and friends, I feel that she has really lived with them for two years. Her existence here must have not been as a random tourist-like volunteer but more as a citizen who has worked hard in and for the village with the population. Feeling that so much, I was touched and wanted to cry. Everyone releases their tension and come close to me smiling after I tell them that I'm a friend of Naoko.

f:id:miyuleilani:20161101220253j:imagef:id:miyuleilani:20161101220259j:image

世界は広い。知らない文化の中にぐっと入って行くと本当にびっくりする事もあるし、ものすごい感動したり、新しい感覚が生まれたりする。こういうことずっとやって行きたい。ずっと旅人でいたい。でも、私が旅人であることの意味も求めてしまう。

f:id:miyuleilani:20161101220500j:imagef:id:miyuleilani:20161101220555j:image

The world is big. Maybe it's bigger than anybody can imagine. I like it. I like to be surprised and amazed and touched and impressed by different world's way of its being. I always get more than I can ever imagine.

 f:id:miyuleilani:20161101220730j:imagef:id:miyuleilani:20161101220751j:imagef:id:miyuleilani:20161101220809j:imagef:id:miyuleilani:20161101220829j:imagef:id:miyuleilani:20161101220849j:image

 

 

 

 

スリランカでアーユルヴェーダ入門

f:id:miyuleilani:20161102011127j:image

Miyuの施術者のマニックさんとお世話してくれたアノーシャさん

スリランカは前半は従姉妹と一緒にアーユルヴェーダ体験をしていました。アーユルヴェーダはインドが起源の現在存在する医療の中で最古のものと(書いている本があった)言われている民間伝統医療です。

f:id:miyuleilani:20161101194617j:image

従姉妹がネットで発見して連絡を取ったのはゲストハウスを運営しながらアーユルヴェーダの紹介から食事から空港に来てくれたり、何から何までフルコースで世話してくれるアノーシャさんという日本語のうまいスリランカ(シンハラ)人でした。彼女のしてるサービスは、おそらく海外慣れしてない人も、ひとりでへっちゃらな人も楽しめる、内容からしたら価格も丁度いいものだと思うので紹介も兼ねて書きます。

f:id:miyuleilani:20161101193706j:image

アノーシャさんのウエブメインページ: http://hghg.jp/ayurveda/

フライトは夜の便で、着いた時空港で待っててくれました。車に乗ること40分(多分)、彼女のお家に隣接されたゲストハウスへ到着、部屋に案内してもらいました。次の日の朝、8時に朝食をとり、アーユルヴェーダの病院へ向かいました。

f:id:miyuleilani:20161101193754j:image

病院の犬

先生に会って、脈診をされます。アーユルヴェーダではカパ・ヴァータ・ピッタという3つの体質があると言われていて、自身の体質を診断してもらえます。私はカパ・ヴァータって言われた気がします。不真面目でちゃんと覚えてなくてすみません。興味のある方はご自分でお調べください。

アーユルヴェーダの施術: http://www.hghg.jp/hotelpriyamani/treatment.html

1日目はアビヤンガというオイルで全身ドロドロべちゃべちゃになるマッサージの後にスチーマーの中に入れられて(ミストサウナかしら)汗をかいて毒素を出す(と従姉妹が言ってた)施術をしました。

f:id:miyuleilani:20161101193840j:image

2日目は再度のアビヤンガの後にシロダーラという頭に熱いオイルを垂らされ続ける治療を受けて自律神経バランスを整える(と従姉妹が言ってた)施術をしました。

f:id:miyuleilani:20161101193920j:image

3日目はアビヤンガだったのかなあ、施術者が変わったので違う印象をうけたが、の後にナバラキリという、熱い米を包んだ布を体にポンポン当てて栄養を吸収させる(と従姉妹が言ってた)施術をしました。

f:id:miyuleilani:20161101194040j:image

お世話してくれたアノーシャさんは日本に住んだことがないけど日本語がとても上手くて、自分でビジネスしてて、夢があって能動的で素敵でした。そして豪勢なゲストハウスの横には普通の家があって、そこが彼女の実家です。シャイなママと妹との交流もとても普通っぽさがあって私は好きでした。少しだけお金に余裕があれば、行ってみたらいいと思います。スリランカ、アーユルヴェーダ入門としてはとても有意義な滞在でした。どうもありがとう。

f:id:miyuleilani:20161101194203j:image

アノーシャさんのウエブメインページ: http://hghg.jp/ayurveda/